不登校 親の対応 高校

MENU

高校生が不登校になったら・・・

不登校,親の対応,高校

高校生の子供が不登校になってしまったら、親の対応はどういったものがよいのでしょうか。

 

まず、高校生は義務教育ではないので、不登校になってしまうことで留年してしまう可能性が出てきます。勉強の遅れはとても顕著に現れ、ますます学校に行きたくなくなってしまうことでしょう。

 

また、自我もますます目覚めており、親と距離を置きがちになり、さらには将来への不安なども抱えているものです。

 

せっかく進学した高校なのに、馴染むことができずに不登校になっている子もいるはず。高校生の年齢では友達関係に大きなウエイトが占められるものです。

 

学校に仲の良い子がいるならともかく、そうでない場合は、ネット上でも学校選びはできる時代になっていますので、親の対応としてはしっかりと子供と話し合い、別の学校を探して編入するという方法を考えてあげるのも重要です。

 

高校の編入は、一部の欠員補充のために募集をしている高校や定時制高校、単位制高校や通信制高校など様々なものがあります。大学進学にも対応できるところがあるので、親子で将来についてしっかりと話し合って決めるといいですね。

 

高校生にもなって不登校だなんて、もう将来が期待できないのではないか、などと決めつけた親の対応は決して良くありません。もう高校生とは言え、まだまだ精神的にも脆い部分があるものです。

 

しかし、自分にあった高校を見つけて再スタートを切ることで、不登校だった子供たちも生き生きとしてくるはずです。まだまだ将来があるので、しっかりと下調べや見学をして、その子に合った学校選びを一緒に行いましょう。


上記は不登校の一般論です。

それでも解決しないときはこちらを参考にしてみてください。

>>伊藤幸弘『不登校ひきこもり解決DVD』<<