MENU

不登校支援センター

不登校支援センター

不登校支援センターは、不登校を解決するための専門機関です。札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡に支部を置き、不登校のお子さんが学校や社会に適応していく力を身に着けられるように支援を行っているのです。

 

不登校支援センターには、実にたくさんの人が相談に訪れています。2015年度の相談数は約5千件にものぼり、カウンセリングの実績件数は約10万件です。臨床データ数も約6万人という数を誇っています。
不登校と聞くと小学校から高校生くらいまでをイメージするかもしれませんが、幼児はもちろん、大学生までが対象となります。

 

お子さんが不登校になってしまうと、親としてはとても不安にかられることでしょう。どうしたら学校に行ってくれるのだろう、このまま引きこもりになってしまうのではないか、自分には何ができるのだろうなど、色々なことを考えるはずです。

 

そもそも、不登校とはいったい何なのでしょうか。ただの甘えだと思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。社会不適応に陥ってしまった子供に出る表面的な症状のことです。社会不適応とは、行動や考え方の違いで周囲と摩擦が生じて、社会生活に支障をきたす状態のことです。社会不適応になるのは、生まれ持った気質だけでなく、養育環境や生活環境なども関係しています。

 

不登校支援センターに相談することによって、お子さんがいったい今どのような状態なのか、どんな手助けをしてあげるべきなのか、わかっていくはずです。

 

不登校支援センターでは、まずは保護者との無料面談を行い、次にお子さんとカウンセラーの信頼関係の形成、カウンセリング、コーチングを行っていきます。

 

不登校支援センターを利用しても必ずしも解決できる保証はなく、料金もかかります。
口コミの中には、また時間制なので保護者の話だけで終わってしまうことがあるなど不満点を挙げている人もいます。通いさえすれば何とかなるとあまり過信せず、不登校になってしまった原因や相談員との相性などで結果は変わってくるのだということを頭に入れておきましょう。


上記は不登校の一般論です。

それでも解決しないときはこちらを参考にしてみてください。

>>伊藤幸弘『不登校ひきこもり解決DVD』<<