不登校 定義

MENU

不登校の定義とは?

不登校,定義

世の中には、学校に行けないでいる子供たちがたくさんいるものです。一般的に、こういった子供たちは不登校と呼ばれます。しかし、不登校の定義とはなんなのでしょうか。

 

今日は学校に行きたくないから、といって一日休んだだけでは、不登校という言い方はしないものです。ずる休み、といった考え方が一般的ですよね。しかし不登校はこのずる休みとは少し違う、特殊なものです。

 

文部科学省の定義によると、病気や経済的な理由をのぞき、一年のうち30日以上学校を休んでしまった子を不登校という扱いにしています。

 

病気や経済的ではない理由というのは、心理や情緒の問題だったり、身体や社会的な要因などから、登校したくてもできないか、意図的にしないものを指すようです。

 

しかし中には、学校の保健室や特別教室といったところへは通えるけれど、自分の教室へ行くことがどうしてもできない、という子供たちもいます。

 

さらには、学校へは通っていないけれど、フリースクールへ通っているという子もいます。こういった子たちを、学校は出席扱いをする場合があります。教室へは一度も足を運んでいなくても、これらの場所にきちんと通っているので、不登校ではない、とされるのです。

 

ですので、文部科学省の定義だけから考えるのではなく、上記のような教室へ行くことができない子供たちも不登校として考えるならば、日本における不登校の子供たちの数というのは、とても大きなものになってしまう可能性があるのです。


上記は不登校の一般論です。

それでも解決しないときはこちらを参考にしてみてください。

>>伊藤幸弘『不登校ひきこもり解決DVD』<<